ねとりんぼ【前編】レビュー

長らく同人エロ動画を作ってこられたサークルさんの10周年記念作品です。

プロの声優を使ってのリアリティあるエロ動画が堪能できるので同人レベルのアニメーションではありませんでした。

スポンサーリンク

ここまでやるかというほどの気合と情熱を感じる作品

家族や友人との関係に悩むヒロインが彼氏の叔父であるメンタルクリニックに来て催眠治療をするというお話です。

序盤からキャラクターのモデリングが一味違うなぁと感じます。

それもそのはずでヒロインの雪乃のテクスチャーが4096×4096の解像度で100以上使われているそうです。

正直手の甲とかリアル過ぎて笑っちゃいました。

肌のきめ細やかさが段違いですね。

しかもアテレコで声を当てているわけではなくてリップシンクという技術で先に声を作って後から映像を作っていくというやり方で録音されています。

ですので、キャラクターの顔の表情などリアルで細やかな演技をされています。

正直同人でそこまでのレベルは求められていないのですがそれでもやるですから気合の入れ方が違いますね。

エッチシーンですが今回は前編ということで本番はありません。

彼氏の前で彼女に催眠術をかけてオナニーをさせるというのとフェラをさせるシーンで終わります。

非常に胸糞悪い演出がなされていて陵辱ものとしてはかなりの仕上がりです。

しかし、本番シーンがないので抜きにくというのはありますね。

ですので値段の方も安くなっています。

逆に本番ありの後編まで待って一気に買うほうが良いかもしれませんね。

ここのサークルさんの更なる進化を期待しつつ待ちましょう。

購入

fanza

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする