霧の刹那のワルキューレ レビュー

霧の刹那のワルキューレ

こんにちは。モフろうでございます。

おとぎ話のような怖く幻想的なRPGの紹介です。

ドット絵でややチープな印象がありますが非常に手の込んだ美しいグラフィックだと思いました。

またドット絵に合わせて音楽の方もピコピコ音でして古い感じがしましたが統一感のあるグラフィックはセンスの良さを感じます。

攻略

ちょっと戦闘システムが変わっているアクションRPGです。 独特の雰囲気でドット絵で統一されているダークファンタジーです。 ...
スポンサーリンク

世界観は最高。独特の戦闘システムに慣れるかどうかが購入の決め手

ストーリーはお友達を助けようとして叫んだ所から始まります。

気がつけば霧に包まれた森にいてモンスターに囲まれた所をラービィと名乗るぬいぐるみに助けられます。

自分はワルキューレとして記憶を取り戻すための戦いへと進んでいきます。

このゲームの一番良い所はやっぱり雰囲気ですね。

幻想的ですけど何とも言えないおどおどしさを陰と光の描写で演出しています。

ゲームをプレイしたら分かるんですけど廊下から部屋に出る時に光がキャラクターの周りに広がるんですよね。演出として凄い凝っていると思いました。

キャラクターは全てドット絵で描かれていてちょこまかと動きます。

懐かしい感じがしました(´・ω・`)

エッチなシーンも全てドット絵です。

こちらはボスに負けて種付けされてるシーンなんですがこだわりのグラフィックです。

エッチなシーンは他にもあってハートマークが付いている雑魚キャラに殴られるとたまにセクハラされます。

このセクハラ攻撃はQTEになっていてキーボードのボタンを押して抜けることが出来ます。

失敗するとエロいシーンが3段階で変化していってHPがなくなるとモンスターに陵辱されます。

このドット絵が良く出来ていてエッチな気分にならずに凄い細かいなぁと感心してみてました(´・ω・`)

ボスにもセクハラ攻撃はあるのでかなりの数のエッチシーンがあります。

スライムだったら飲み込まれたりとか機械の敵が出てきて機械姦もあったりだとか基本的なものは全て押さえられています。

ワルキューレの力があるとはいえ、こんなか弱い女の子が陵辱させるのは絶望感があってこの世界観にあっております。

モンスターの子供を孕んでしまう事もあるのでなおさらですね。

とまぁエッチシーンはかなりのものでした。

問題は戦闘システムでアクションRPGというのでボタンを押せば攻撃できると思ったら敵に接触するかしないのかという所でボタンを押さないとダメという分かりにくいシステムでした。

常時攻撃できるわけではないんですよ。

敵が近づいてそれに合わしてボタンを押すと攻撃できるので自分から近づいて行かない方がいいですね。

近付くとダメージをもらうことが多いです。

この独特の戦闘システムの意味が最初分からなくてやられまくりました。

これは体験版をしてみて慣れてもらうしかないですね。

合わないと思ったらプレイしないというのが良いでしょう。

慣れてきたらボスとかでもパターンがあって装備が貧弱でも勝てるのでサクサク進むんですが最初はそれがわからないんですよね。

世界観も素晴らしいですしドット絵も凝っていて見応えあります。

多分セールスがイマイチなのは地味な印象があるからでしょうね。

しかし作者様のこだわりが随所に見られるので購入しても損した気分にはならないですね。

是非気になる方は体験版をしてみてから購入して下さいね。

購入

dlsite

霧の刹那のワルキューレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする