夏のオトシゴ レビュー

こんにちは。モフろうでございます。

寝取られの大傑作と聞いていたのですが購入してませんでした。

最近ようやく購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

売れているのには訳がある丁寧な心理描写とシチュエーション

寝取られっていうのはヒロインと彼氏の関係というのが欠かすことが出来ます。

この作品は朴訥な女の子が彼氏の為に可愛らしくなろうと精一杯おしゃれをして変化していく所から始まります。

仲睦まじくて爽やかなカップルというのを描いていくのが重要なのですがしっかりと描けていると思いました。

そして、彼氏との想いが一つになって一戦を越えた所から暗転していきます。

寝取る男性に弱みを握られるということなのですが、そんな事が弱みになるんかいなぁと思いました(´・ω・`)

でも朴訥な女の子なのでそれだけでも弱みになるのね…。

そして、弱みを握られて黙って欲しいとなれば身体の関係になってしまいますよね(笑)

この寝取られた時に途中で彼氏が待ち合わせの場所で「今日は遅いなぁ~」と言っているのが良いんですよね。

ここで一旦日常に返って、そして寝取られたシーンに進んでいきます。

そして、彼女の心理描写が入っている心のセリフが良いんですよね~。

結局絵的なものだけじゃなくてシチュエーションでシコらせるという事が分かっている作家さんですね。

丹念に堕ちていく描写が続いていてなるほどこの漫画が売れるのが分かりました(´・ω・`)

買うとティッシュが必ず必要になるので紙不足な方は買わないように気をつけて下さい。

寝取られの研究にもなるので創作をされている方は勉強のために買うのも良いと思います。

というかもっと早く買っておけば良かったよ_| ̄|○

満足できる作品ですが後日談が欲しいですね。

完全に堕ちてしまった所も読んでみたいです。

購入

dmm

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする